教室紹介

0001

教授挨拶

歴史

 久留米大学皮膚科学教室は1928年(昭和3年)に皮膚泌尿器科学教室として始まり、約90年の歴史があります。その後1954年に皮膚科学教室と泌尿器科学教室に分かれて独立しました。皮膚科学教室の初代主任教授は奥野勇喜先生で、以降占部治邦、皆見紀久男、笹井陽一郎、橋本 隆と続き、今年(2015年)3月1日付けで私、名嘉眞武国が第6代目の主任教授を拝命いたしました。

教室の診療と研究および抱負

 これまでの名誉教授たちの指導による教室の素晴らしく伝統ある実績を縮小させないよう、これまでにない臨床と研究内容に取り組んでいます。具体的にまず最新で有効な治療を取り入れた専門外来の充実と新設です。現在、①乾癬群 ②アトピー性皮膚炎 ③脱毛 ④水疱症 ⑤皮膚アレルギー ⑥レーザー ⑦皮膚悪性腫瘍(高度な手術技術も含む)のそれぞれの専門外来を実施しています。また当科で可能な遺伝子解析も行っています。それぞれに関するサブスぺシャリティーを育てるべく国内外での留学も視野に入れ(既に数名留学中)、すべて2人以上の体制を目指し後輩につなげていけるよう頑張っています。研究もそれらに関連する領域を当教室の研究室や留学先で研鑚していただき、論文の多くは特にimpact factorの高い英文論文にも掲載されており今後につなげていけるよう努力しています。また本来久留米大学病院は歴史の長さからも理解されるように地域の先生方や多くの同門会の先生方に支えられています。教室の発展には諸先生方との信頼関係は不可欠であり、立派な研究者だけでなく地域医療にも立派に貢献できるような医師をしっかりと育てることにも力を注いでいます。
 最後に久留米大学皮膚科学教室の最も良い点は、教室員全員謙虚で明るく、結束力が強く、また学会発表や論文掲載などの仕事で賞など受賞しましたら、必ずお祝いをするなど本当に心優しき温もりのある教室であることです。男性医師もそうですが女性医師も仕事がしやすい理解のある教室ですので、今後多くの教室員が入局していただければ嬉しいかぎりです。相談があれば気楽にいつでも私や医局長にご連絡ください。お待ちしております。

教授経歴

出身大学 久留米大学
卒業年 昭和62年
専門分野 ・皮膚外科学
・皮膚悪性腫瘍
・皮膚末梢循環障害疾患
・皮膚血管炎、皮膚潰瘍
資格 ・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医